アイドル

世界標準のアイドルを目指す!わーすたのおすすめ楽曲5選

アイドル界は広く様々なコンセプトのアイドルが活動していますが、王道アイドルの存在はアイドルファンを安心させてくれます。筆者もサブカル系のアイドルグループをよく見ていますが、やはり王道のアイドル回帰するときもあるのです。

今回はavexのアイドルレーベルに所属する「iDOL Street」第4弾グループわーすたについてその楽曲など紹介していきたいと思います。

世界標準のアイドルを目指す!「わーすた」とは?

わーすた」とはavexのアイドルレーベル「iDOL Street」で、SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEMに続いて第4弾のグループとして誕生しました。

わーすたは、The World Standard (世界標準)の略称で、世界を照準に合わせて活動する意味が込められています。わーすたの特徴は世界標準とSNS活用で、ライブ中の写真撮影や動画撮影が可能な点が、日本の数あるアイドル、アーティストの中でも特徴でしょう。

わーすたのおすすめ楽曲5選

タピオカミルクティー

ビジネス視点で見ると「わーすた」のやっていることは本当に上手いなといつも思わされます。

例えばこの曲「タピオカミルクティー」も、爆発的に流行っているタピオカを題材にしており、日常のシーンで聞く「タピオカ」のワードとこの曲が接続する仕組みになっています。

普段「タピオカ」と聞くたびに、この曲を脳内再生していたため、その度に凄いなあと感心させられたものです。

最上級ぱらどっくす

わーすたのクリエイティブ力をまじまじと見せつけられる最高の作品。わーすたは何といってもメンバーがずば抜けて「かわいい」のが1つの特徴ですが、それは元の素質だけでなく、かわいく見せるデザインが素晴らしいからだと思っています。

そして「かわいい」と言っても男に媚びた可愛さではなく、万人に愛される可愛さという点が本当に素晴らしく評価されるべき点だと感じます。脱線しましたが曲もとても良いです。

ワンダフル・ワールド

筆者自身がわーすたさんのライブを見たときに、最も印象強く残った曲が「ワンダフル・ワールド」。

当時のわーすたのライブでは比較的若い層のお客さんが多かったと記憶していますが(最近はあまり行けてないためあくまで当時談)、決して一部の人が盛り上がるというよりはみんなが楽しめるようなオープンで良い空間だったと覚えています。

そこで披露された曲の中で、楽しく盛り上がることができるのがこの曲でした。

Doki Doki・today

幅広いポップソングを歌うわーすたさんですが、バラードな楽曲も外すことはできません。何よりメインのツインボーカル(三品さん、廣川さん)の歌唱力と表現力によるものだからです。わーすたは基本はツインボーカルの形式を取っていますが、他のメンバーもメインに劣らない歌唱力を持っているのが本当の強さだと思います。

うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ

わーすたを知らない方でも、この曲で強い印象が残ってる人は多いのではないでしょうか?

まずタイトルが長い(笑)、そして転調の多さや不思議な歌詞に惑わされ、何故かはまってしまう魔力を持った曲。ライブでも楽しく盛り上がれる曲で、話題性十分。やっぱりわーすたさんは上手いですね…。

「世界標準のアイドルを目指す!わーすたのおすすめ楽曲5選」のまとめ

わーすたの楽曲はザ・アイドルソングでありながら、メンバーの実力に支えられています。そして楽曲だけでももちろん十分楽しめますが、ライブの魅力も是非知ってほしいので是非一度行ってみていただけたらと思います。それではまた。