アイドル

ラウド系アイドル?!PassCode(パスコード)のおすすめ楽曲5選

アイドルが音楽ジャンルのことだと思ってる人は少ないでしょうが、ほとんどがキラキラしたカラフルな衣装で、笑顔で明るい歌詞を歌ってると思ってる人は少なくないでしょう。

しかしPassCode(パスコード)というアイドルは、そのイメージを簡単に打ち破ってくれます。ステージを縦横無尽に駆け巡り、時には喉からけたたましいシャウトを繰り出す。そんなアイドルの楽曲を今回はチェックしていきます。

ラウド系アイドル?!PassCode(パスコード)とは?

PassCode(パスコード)は、we-B studiosに所属するアイドルグループです。ファンの間では「パスコ」と呼ばれています。元は大阪のライブハウスを拠点に活動するアイドルでしたが、現在のピコリーモ、エレクトロニカなどを中心とした音楽性に転向後、今ではアイドルよりロックバンドとの対バンが活動の中心になる、アイドルグループです。

PassCode(パスコード)のおすすめ楽曲5選

それでは今回、PassCode(パスコード)の楽曲を5つ紹介していきたいと思います!

Club Kids Never Die

PassCodeの代表的楽曲。PassCodeの所属事務所であるwe-B studiosの代表らがメンバーだったDayLight Seasonというバンドの楽曲が元であり、引き継がれたのが原点。

PassCodeの楽曲の世界観がもっとも表現されており、そのDNAを感じられる楽曲です。

カタルシス

激しいロックソングが多いPassCodeですが、エモさを強みにしたバラードソングもその魅力の1つです。カタルシスとは悲劇などを見ることによって引き起こされる情緒的な経験によって、鬱積した感情を解放し、浄化作用を得ることを指しています。

ONE STEP BEYOND

イントロから早足で進行し、あっという間にサビ、それから緩急溢れるドラムと転調が楽しい楽曲。MVもかっこいい見所に溢れており、物語性が感じられるので注目。

ドリームメーカー

ここ1、2年のPassCodeの楽曲ではあまりやらない曲調ですが、どちらかというとアイドルソング寄りで、歌い方も少し可愛めを意識した印象になっています。何と言ってもネタバレになってしまいますが、曲の後半で突然ガラッと雰囲気を変えるところに注目です。

Seize the day

アルバム「Locus」に収録されるこの曲。元は「ALL is VANITY」にあった楽曲で初期の活動から歌い継がれている楽曲。ライブでは最後にシンガロングが起こる、特徴的な曲。未来への希望に溢れた、泥臭い青春ソングです。

「ラウド系アイドル?!PassCode(パスコード)のおすすめ楽曲5選」のまとめ

PassCode(パスコード)の楽曲を紹介してきましたが、どちらかとひと昔の楽曲が中心となってしまいました。現在のPassCodeの楽曲性ももちろん注目ですが、バンドファンに刺さりやすいものが多いと感じます。

アイドルソングを聴く方には、まず緩めのアイドルソング寄りの楽曲から入門するのをお勧めします。もちろんバンドが好きなあなたも、こちらの楽曲性にも注目してくださいね。それでは。

PassCode同事務所のkolokol(コロコル)のおすすめ楽曲5選ラウド、ピコリーモなど予測できないバンド系音楽性で、アイドル界のみならず活躍するPassCode、その事務所we-B studiosのア...